フェニックスの日経225先物:オプションテクニカル分析

出来高解析で日経225先物の動きをリアルタイムで分析しポイント価格を算出。


フェニックスの寄り付き前予測 『本日の攻め方』 ↓ ↓ ↓

昨夜のNY市場、一転、利益確定優先の流れになっています。
注目されたイタリアの短期国債入札は順当に消化されたようですが、
今夜行われる長期債入札に対する警戒感が強く、
またユーロ安が進んだことも、調整の背景になったようです。
ダウ平均の終値は139ドル安の1万2151ドル。
ユーロは対円でも下落が進み、100円台後半と2001年6月以来、
約10年半ぶりの円高・ユーロ安水準となっています。
ドル円は77円台後半で小動き。
NY安に関しては、これまで上昇していましたからリズムの調整とも受け取れますが、
ユーロ安の進展は気になるところです。
今夜行われるイタリア10年債の入札如何では、元の水準に戻るケースも考えられますが、
市場には「それを見ないことには・・」といったムードが広がりそうです。
今日の東京市場は海外の先物安を受けて軟調なスタートになるものと見られますが、
その後は、様子見機運が強まるなか、動意薄の展開になるものと見られます。
外資系注文は7日連続の買い越し。

本日の日経先物の注目ポイントは、上 8400円。下 8310円。
昨日8400円を割らなかったものの陰線を形成したことから
本日は昨日と同様に陰線を形成する可能性が高くなった。
日中の動く値幅が小さいためトレードコメントが非常に難しいが
逆に日中幅がこれだけ小さければ、ローソク足が陰線か陽線かを当てれば
10円幅のロスカット幅で攻めれるでしょうからアドバイスの仕方を
今だけ変更、寄り付き攻めでいってみたいと思います。
本日は上髭、または陰線の可能性が高いため寄付き後の戻りで売り狙い。
8360円以上で寄り付けば寄りは売り狙い。

ピンポイントで攻めるなら・・・

・8380円があれば売り狙い。
 8400円にタッチしてくればその後の押しでロスカット。
 8380円 ⇒ 8350円 30円幅売り狙い。



『昼コメント』 ↓ ↓ ↓

欧米株安を受けて下放れて始まった後は、低位でのもみ合いとなっています。
前引けの日経平均は61円安の8362円。
騰落銘柄数は上昇・487、下降・926。

市場エネルギーは低水準に張り付いています。
出来高は4億7012万株、売買代金は2535億円となっています。

東京時間に入ってユーロが一段安に売られています。
一時、100円50銭を割り込む場面もありました。
当然のことながら、輸出株には忌避ムードが広がり、
自動車、精密などが軒並み安になっていました。
また、日経が「2012年は東京都内でオフィスの供給が急拡大する」との
ニュースを流したことを受けて、不動産株も売り物がちの展開となり、
三井不動産は新安値に売られていました。

前場の業種別上昇率トップは電力ガス。
以下陸運、水産・農林、医薬品の順番でした。
いわゆるディフェンシブストックのオンパレード。
ユーロ急落で年末年始の為替リスクが高まっていますから
「株をマクラに・・」と考えている向きのニーズを
こうしたセクターが吸収しているようです。

目先筋は、小型株や材料株に向かっています。
新日本理化が大幅続伸となったほか、ツガミが12日の戻り高値542円に肉薄。
ともに、存在感を発揮するタイプの銘柄ですから、
こうした銘柄への人気回帰が、新春相場でのいい意味での
「割り切り」に繋がればと見ています。

後場は、ユーロ円相場を横睨みしたもみ合い場面を想定。
今夜、イタリアで10年債の入札が予定されています。
主力どころに関しては「それを見ないことには動けない」といった
雰囲気がさらに強まると思います。

日経先物にドレッシング買いが入ってます。
チャート形成上、8400円を抜くには出来高が足りませんので
本日は無理と見ておりますので、先物トレードは、8380円を売り狙いで!



ws0001074.png

大吉の本日の戦績 ・・・

8380円 ⇒ 8360円 『売り』 +20円 2枚 合計40000円

12月 TOTAL 540,000円



本年度の相場も、残すところは、あと1日・・・

本当に、今年は、いろんなことがあった1年でした。

まさか?

こんな1年になるとは、誰も思わなかったのではないでしょうか!



やっと、この一年が、終わってくれます。

個人的には、やっと!

『やっと、終わってくれる。』  です。



本来なら、日本景気も、もう少しは、良かったはず、、、


来年は、その分を上乗せして、良くなることでしょう。







アメリカの指標が、また1つ・・・

12月の米シカゴ購買部景気指数は

予想上回る、雇用・支払価格など上昇


[ワシントン 29日 ロイター]

 米シカゴ地区購買部協会がまとめた12月の景気

指数は62.5と、前月の62.6からほぼ変わらずとなり、

市場予想の61.0を上回った。

50が経済活動の拡大・縮小の分岐点となる。

 内訳では、新規受注が68.0に低下する一方、

雇用は58.6に上昇、支払価格は65.7に上昇した。

 IFRエコノミクスのエコノミスト、デービッド・スローン氏は、

内訳はおおむね前向きな内容とした上で、

景気指数は前月からわずかに低下したとはいえ、

前月を除けば、4月以降で最も高い水準を維持しており、

米連邦準備理事会(FRB)が公表している地区製造業統計と比較しても、

一段と底堅い成長を表している、と述べた。




昨日もお伝えしましたが・・・

ここに来ても、良い数字が出てきています。

クリスマス商戦も順調に推移した様子で、アメリカの復活を匂わせる結果となってきています。

来年以降も、この好調さを持続していくことができるなら

また、アメリカが世界の経済を主導していくことができるのですが・・・



注目ですね!






お帰りは、こちらからお願いします。EXIT
  ↓ ↓ ↓                    ↓ ↓ ↓
  にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225先物へ

フェニックス株式投資情報ポータルサイト への閲覧申請は・・・
月間 閲覧申請:CGI版    月間 閲覧申請:PHP版

フェニックス:日経225倶楽部 への閲覧申請は・・・
月間 閲覧申請:CGI版    月間 閲覧申請:PHP版
株式情報:閲覧申請

フェニックス株式投資情報


フェニックスでは、毎月ごとに
閲覧申請をお願いしています。


ご利用規約

Profile

Phoenixnikkei225

Author:Phoenixnikkei225
フェニックスの
日経225先物テクニカル分析

phoenix.nikkei225@gmail.

ポイント価格の使い方

ポイント価格の上手な使い方講座

Calendar

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

Pop Up Links ♪♪♪

News

Archives

Category
Comment

当ブログに記載されている情報内容には万全を期していますが、その内容を保証するものではありません。掲載内容によって生じたいかなる損害についても、一切責任を負いかねますので予めご了承下さい。また、取引においての売買の最終判断は、くれぐれもご自身でお願い致します。

Total view

Search

本日の最強トレーダー

人気ブログランキング

ACCESS

MT4 indicators

☆Daikichi-Line   DL-1    DL-2
☆Daikichi-dB   D-dB01    D-dB02

日経225:閲覧申請

フェニックス:日経225倶楽部


日経225倶楽部は、毎月ごとに
閲覧申請をお願いしています。


ご利用規約

MT-5倶楽部
テクニカル勉強会

初心者の方を対象にテクニカルの勉強会を開催いたしております。

入室パスワードは、VIP-Roomと同じです。ご利用くださいませ!

会員様専用携帯登録

入室パスワードは、VIP-Roomと同じです。ご利用くださいませ!

RSS feed
Link
Phoenix Totalcount

Since 2004.12.10

現在の運用ルール

①フェニックスの朝一コメント『本日の攻め方』を参考に各種の指標を判断材料としてトレード

②当日の9:20に発表されるポイント価格(1回目のみ)を利用したシステムトレードによる運用『501 30RETURNS』

過去実績

2011.04   +820,000
2011.03   +740,000
2011.02   +660,000
2011.01   +460,000
===================
20010合計 +9,220,000
===================
2010.12   +600,000
2010.11 +2,410,000
2010.10   +860,000
2010.09   +800,000
2010.08   +660,000
2010.07   +670,000
2010.06   +720,000
2010.05   +420,000
2010.04   +120,000
2010.03 +1,180,000
2010.02   +280,000
2010.01   +500,000
===================
2009合計 +7,380,000
===================
2009.12   +640,000
2009.11   +540,000
2009.10   +840,000
2009.09   +380,000
2009.08   +800,000
2009.07 +1,020,000
2009.06   +420,000
2009.05          0
2009.04   +700,000
2009.03   +160,000
2009.02 +1,000,000
2009.01   +880,000
===================
2008合計 +15,270,000
===================
2008.12 +1,380,000
2008.11   +920,000
2008.10 +1,300,000
2008.09 +1,560,000
2008.08   +660,000
2008.07 +1,340,000
2008.06 +2,160,000
2008.05 +1,360,000
2008.04   +880,000
2008.03 +1,350,000
2008.02 +1,160,000
2008.01 +1,200,000
===================
2007合計 +11,200,000
===================
2007.12 +1,160,000
2007.11 +1,040,000
2007.10 +1,120,000
2007.09   +480,000
2007.08 +1,200,000
2007.07 +1,370,000
2007.06   +580,000
2007.05   +690,000
2007.04 +1,080,000
2007.03  +950,000
2007.02  +930,000
2007.01  +600,000
===================

フェニックスの事前に算出されたポイント価格を元に大吉が運用した成績を公開しております。

世界最大級の仕手軍団