フェニックスの日経225先物:オプションテクニカル分析

出来高解析で日経225先物の動きをリアルタイムで分析しポイント価格を算出。


フェニックスのテクニカルチャートコメント

2020-01-16_13h30_46.png

NYダウは、米10年債が2%以下で推移しているため、
好材料はすべていい方向に反応します。
希望的には買いを入れたいため、下がって欲しいタイミングですが、
NYダウが強く押し目を作ってくれませんね・・・。
このまま横ばいの時間調整を入れ、
上値を試す展開となるかもしれません。

昨晩のナイトコメントと同じ話となりますが、
日経先物は23670円を割るまでは短期上昇波動が継続中です。
今は売りを狙ってもデイトレの範囲内に抑える方が無難でしょう。

買いは、引き続き23670円に近い押し目を待ちましょう!
順張りで買いエントリーをする場合は、
24030円を抜けてきたところです。
現在の波動は、日足カウントを見ての通り24110円を抜く波動ですから
24030円抜けは順張りで狙っていいタイミングとなります。

本日の日経先物の注目ポイントは、上 24030円。下 23860円。
本日も小動きが予想されます。
今は次のチャンス待ちです。
60分足のスピアマンをアップしました。
この赤の波で下げなければ24030円を試す買いが入ると思われます。
ここは見ながらお伝えいたします。



2020-01-16_13h33_35.png

大吉の本日の戦績 ・・・

ノートレードです。

2020-01-16_13h33_35.png

米中、「第1段階」通商合意に署名

米中両国は15日、貿易交渉を巡る「第1段階」の合意に署名した。一部関税措置を取り下げるほか、中国は米国からモノとサービスの輸入を拡大させ、1年半に及ぶ米中貿易戦争がようやく休戦に向かう。

●中国側の勝利

<ブライトスフィア・インベストメント・グループのグローバル・ストラテジスト、クリストファー・ニクソン・コックス氏=1970年代で米大統領として初めて中国を訪問したニクソン元大統領の孫>

中・長期的には、国家資本主義を巡る大きな難題が先送りされた。交渉はおそらく大統領選後になるだろう。

これは中国側の勝利といえる。レームダック(死に体)化した大統領と交渉するのは、はるかに容易だ。

短期的には、米中貿易戦争への関心が薄れるだろう。トランプ大統領は、欧州との貿易交渉に関心を寄せるはずだ。



やはり、表面的な合意で終了しましたね!

しかし、市場は、それでも好反応を示しています。

結局、「表面的なケンカ」さえなくなれば、上がりたがっていることが分かります。

世界の2極化は、避けることのできない事案です。

政治体制が、まったく違った国が、仲良くやって行くことは、到底、無理なお話です。

このまま、表面的な和解を演出しながら、実質は、「ケンカを継続」していくこととなります。

選挙と期日を持つ「大統領」が、弱いに決まっています。

独裁国家の元首は、基本的に、任期がないために

長期目線で、対策をたてることができます。

しかも、今回の写真を見ていただければ、その構図が見えてきます。

一方は、副首相

片方は、大統領

通常なら、力のバランスを考えても、首席が、出てきていいところです。

そのように、持って行ける、国家主義者の強みのような気がします。

お帰りは、こちらからお願いします。EXIT
  ↓ ↓ ↓                    ↓ ↓ ↓
  にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225先物へ

フェニックス株式投資情報ポータルサイト への閲覧申請は・・・
月間 閲覧申請:CGI版    月間 閲覧申請:PHP版

フェニックス:日経225倶楽部 への閲覧申請は・・・
月間 閲覧申請:CGI版    月間 閲覧申請:PHP版

フェニックスのテクニカルチャートコメント

2020-01-15_12h00_49.png

米中協議の第一段階の合意文書署名を皮切りに、
米中がどういう駆け引きに動くのかに要注目となります。
アメリカ側はさっそく関税引き下げは大統領選後だと伝えました。
であれば、なぜこのタイミングで為替操作国の指定を外したのか?!
裏で中国が難色を示したと考えるのが妥当です。
第一段階でこの状態で次の交渉が上手く進むのかが疑問符です。
ただ、売り込まれる材料は現時点ではありませんので、
NYダウも日経指数も足踏みをする展開が予想されます。
短期マネーは現在、ビットコインを中心とした仮想通貨に向かっております。
マザーズ指数が動いてこないことには盛り上がりに欠ける展開が続きます。
本日の小型株の動向は要注目となります。
ここで様子見ムードであれば、2月相場が少し心配となります。

本日の日経先物の注目ポイントは、上 23970円。下 23830円。
昨日、陽線確率80%を崩しております。
一番需給がいいタイミングで買い仕掛けが入ってこなかったことから、
軽めの調整がそろそろあると読む段階に入ります。
☆印のラインを現在割っておりますから、
本日は、この☆印のトレンド線が上値抵抗線となります。
デイトレに関しては買いよりは売り狙いが有効な日となります。
23670円を割ってくるまでは、短期上昇波動は継続中です。
よって、大きく売りは狙わないようにしておきましょう!
長期狙いのトレードは、23670円に限りなく近い押し目を狙いたいところです。

4時間足のスピアマンでは緑ラインを通過しております。
ここで大きく上昇してきませんでしたので、
本日は☆印のトレンド線を参考に売り狙いが有効となります。



2020-01-15_12h05_00.png

大吉の本日の戦績 ・・・

ノートレードです。




2020-01-15_12h35_11_20200115123653f7a.png

イランの対米軍攻撃、人命救った謎の「事前警告」

[アル・アサド空軍基地(イラク) 13日 ロイター] - 1月8日未明、イランが発射したミサイルがイラクのアル・アサド空軍基地に駐留する米軍を襲った。だが、その8時間近く前、同基地の米軍・イラク軍兵士らは、人員や兵器を掩蔽壕(えんたいごう)へと移動させており、ミサイル攻撃による死者・負傷者はゼロだった。

<「十分に備えはできていた」>

基地の将校によれば、ミサイルが着弾した日の深夜までには、この基地が攻撃を受けることは明らかになっていたという。ほとんどの人員は掩蔽壕に移動し、航空機も駐機場や修理拠点から待避したという。



この記事を読む限りでは、イラクも大人の対応をしているな!という印象を受けますね。

今回の攻撃も、結局は、内政に向けて

指導者たちの面目を保った意向が大きいです。

ただ、

結局は、長い目で見て行くと、世界の2極分化に進んでいることは確かなことです。

その筆頭が、アメリカと中国の対立。

オバマ政権下で、中国の野心を見抜けなかったことが、今の対立を激化させてしまった要因の1つだと考えています。

世界の潮流を止めることはできません。

日本が、その流れの中で、どのような立場になって、その存在感を示して行けるかが大事なことです。

そして、私たちトレーダーは、その潮流の中で、成長していく会社を見つけ

初期で、投資をすることができれば、大きな資産を築くことができます。

お帰りは、こちらからお願いします。EXIT
  ↓ ↓ ↓                    ↓ ↓ ↓
  にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225先物へ

フェニックス株式投資情報ポータルサイト への閲覧申請は・・・
月間 閲覧申請:CGI版    月間 閲覧申請:PHP版

フェニックス:日経225倶楽部 への閲覧申請は・・・
月間 閲覧申請:CGI版    月間 閲覧申請:PHP版

フェニックスのテクニカルチャートコメント

2020-01-14_16h00_15.png

23670円からの切り返し。
重要な下値フシを割らない限りは、短期上昇波動が継続中です。
中国への為替操作国解除の報道から15日以降の米中協議に
期待が持てるという雰囲気から本日は24000円を試す展開となります。
為替も110円手前まで円安に振っていることから、
NYダウとの価格差である5300円幅を
先月の4700円幅まで改善できるのか、
ここにもしっかりと目を向けたいところです。
ここで為替の円安幅の寄与度も計算できるようになります。
これはナイトコメントでお伝えいたします。

本日の日経先物の注目ポイントは、上 24040円。下 23840円。
日足ベースの緑2の高値を抜けてくることから、
黄5のカウントに移行中であることが分かります。
直近の高値は抜けてくると思われます。
寄付き後の押し目で買い対応となります!
分足のトレンド線を参考にしてください。



2020-01-14_16h40_14.png

大吉の本日の戦績 ・・・

ノートレードです。



2020-01-14_16h00_15.png

日経平均は3日続伸、円安好感され2万4000円回復

[東京 14日 ロイター] - 東京株式市場で日経平均は、3日続伸。米中対立の緩和期待や円安が急速に進んだことを手掛かりに、輸出関連株を中心に幅広く物色され、終値ベースで昨年12月17日以来14営業日ぶりに2万4000円台を回復した。

市場の関心が米中の「第1段階」の通商合意に向かう中、米財務省が外国為替報告書で中国の「為替操作国」認定を解除したことが伝わり、リスクオフムードが一段と後退。さらに、外為市場でドル/円が110円台まで円安に振れたことが追い風になった。



新年から、いい動きになってきましたね~

この調子で、更に、上を狙いたいものです。

アメリカの選挙までは、強い展開を予想するのが妥当!

押したところを買い向かいで臨みたいと思っています。

お帰りは、こちらからお願いします。EXIT
  ↓ ↓ ↓                    ↓ ↓ ↓
  にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225先物へ

フェニックス株式投資情報ポータルサイト への閲覧申請は・・・
月間 閲覧申請:CGI版    月間 閲覧申請:PHP版

フェニックス:日経225倶楽部 への閲覧申請は・・・
月間 閲覧申請:CGI版    月間 閲覧申請:PHP版

フェニックスのテクニカルチャートコメント

2020-01-10_11h53_46.png

NYダウは史上最高値を更新中。
米長期金利も1.9%以下と過熱感はありません。
原油も仮想通貨も地政学リスクの後退から反落中。
この資金が株式市場に回ってきております。
世界全体が過剰流動性相場となっております。
この金余り現象は年内一杯は続きますので、
特殊要因がない限りは基本的に押し目買い目線が続きます。

本日は1月度SQ日。
SQ値決定後からどう動くのか、注目となります。

本日の日経先物の注目ポイントは、上 23820円。下 23670円。
昨日のナイトコメントでも示しておりますように
23670円を割るまで短期上昇波動が継続中です。
売りを狙うのであれば、ここを割ってからの方がいいでしょう!
下のアルゴリズムの線を参考にトレードをしていくことになります。
3連休前ということで、日本市場は様子見ムードとなりやすいと思われます。
3連休後押し目待ちのタイミングです。



2020-01-10_11h57_50.png

大吉の本日の戦績 ・・・

ノートレードです。

2020-01-10_12h11_40.png

英下院、ブレグジット関連法案を可決 今月末に離脱へ

[ロンドン 9日 ロイター] - 英下院は9日、今月31日に欧州連合(EU)から離脱するためのブレグジット関連法案を賛成330、反対231で可決した。これにより、離脱を巡る3年余りの混乱に終止符が打たれることになる。



イギリスがやっと、動き出します。

3年もの年月を費やして、やっと、出た結論です。

逆に、3年もかけて、決議をしてくれたお陰で、市場は、混乱することなく

離脱が、完了しそうです。

今後のイギリスが、どのように成長をしていくのか?

あるいは、衰退をしていくのか?

日本の将来とも合わせて見極めて行きたいと思っています。

とりあえず、方向が決定したのですから

イギリスの人たちには、頑張ってもらいたいと思います。

お帰りは、こちらからお願いします。EXIT
  ↓ ↓ ↓                    ↓ ↓ ↓
  にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225先物へ

フェニックス株式投資情報ポータルサイト への閲覧申請は・・・
月間 閲覧申請:CGI版    月間 閲覧申請:PHP版

フェニックス:日経225倶楽部 への閲覧申請は・・・
月間 閲覧申請:CGI版    月間 閲覧申請:PHP版

フェニックスのテクニカルチャートコメント

2020-01-08_10h56_33.png

先ほど一部の報道で9つのロケットが米軍を収容しているイラクの基地を襲ったと流れ、
先物が急落しております。昨日の上げを帳消しにするのか?!
23270円を割ったことでシグナルは売りに転換しております。
テクニカルよりファンダ主導での動きです。
終値で23000円を死守できるのかに注目となります。
緑3の安値を割るのかにも注目です。

本日の日経先物の注目ポイントは、上 23230円。下 23020円。
大幅なギャップダウンで始まりますので、
寄付き後の動きを見てからコメントします。



2020-01-08_10h56_16.png

大吉の本日の戦績 ・・・

23220円 ⇒ 23190円 『売り』 +30円 2枚

合計 60000円

1月 TOTAL 120,000円

2020-01-08_12h08_55.png


イラン、イラクの米軍駐留基地に複数のロケット弾発射

[バグダッド/ワシントン 8日 ロイター] - イランは8日未明、米軍が駐留するイラクのアル・アサド空軍基地に複数のロケット弾を発射した。この数時間前には、米軍の空爆によって殺害されたイラン革命防衛隊の精鋭「コッズ部隊」のソレイマニ司令官の葬儀が行われ、軍や政府の高官が米国への報復を誓っていた。



昨日の上げは、つかの間の安心感からやってくる、綾戻り。

今日から、報復合戦の始まりです。

次に、アメリカが、どのような態度で、次の作戦に移って行くのかに注目です。

この報復合戦が、長引けば、長引くほど、米中貿易戦争と絡んで、

更なる下落も予想されます。

去年も、予測して書きましたが、

今年のテーマの1つに「地政学リスク」があります。

イランとは別に、アメリカは、北朝鮮との問題もありますので、

地政学リスクには、事欠きません。

この問題と、これから、数年、向き合って行かなければなりませんので

継続して、情報収集に努めて行きたいと思っております。



お帰りは、こちらからお願いします。EXIT
  ↓ ↓ ↓                    ↓ ↓ ↓
  にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225先物へ

フェニックス株式投資情報ポータルサイト への閲覧申請は・・・
月間 閲覧申請:CGI版    月間 閲覧申請:PHP版

フェニックス:日経225倶楽部 への閲覧申請は・・・
月間 閲覧申請:CGI版    月間 閲覧申請:PHP版

フェニックスのテクニカルチャートコメント

2020-01-07_15h27_06.png


NYダウは反転。遠い国の戦争は買い。そのままの反応です。
アメリカにとっては、今回、戦争に繋がったとしても、
原油高は共和党にとっては追い風。選挙資金が稼げます。
半導体指数にとってもプラスの恩恵となります。
ただ、日本株だけは弱い動きが続きます。
贈収賄疑惑など、昨年の『桜の見る会』に続きまた国会を止める材料が浮上。
これでは上値を買う気に海外勢もなれませんよね・・・。
今までの相場を見ての通り、森加計問題など政治不信に繋がった瞬間に、
日本株は上げ足をすべて止めております。
今回も同じです。
昨晩お伝えしましたようにしばらく膠着な相場展開を予想します。

本日の日経先物の注目ポイントは、上 23330円。下 23210円。
23350円をタッチすればロスカットするつもりで、
23300円以上を売り狙い。
MACDの位置から考えてもここは短期でも長期でも狙えるタイミングです。

2020-01-07_15h24_52.png

大吉の本日の戦績 ・・・

23330円 ⇒ 23300円 『売り』 +30円 2枚

合計60000円

1月 TOTAL 60000円




2020-01-07_15h48_42.png

〔マーケットアイ〕株式:新興株市場は堅調、個人の買いが継続

新興株市場で、日経ジャスダック平均、東証マザーズ指数はともに反発。ほぼ高値引けとなった。前日
は米国とイランの対立が懸念される中、中東情勢に左右されない小型の内需株が買われた。地合いは悪くな
く、前日に続き年末にポジションを落とした個人投資家の資金が流入しているという。

先物市場でショートカバーが活発化する一方、昨年まで相場をリードした銘柄が個別に物
色されるなど、海外勢などの実需買いの流入も観測されていた。

6日の米国株式市場は、中東情勢の緊迫化にもかかわらず底堅い展開になり、主要株価3指数はいずれ
も上昇。「中東情勢は米中対立に比べて、懸念材料となっていないようだ」(岡地証券・投資情報室長の森
裕恭氏)との声が聞かれ、米株高を受けて全般は買い先行で始まった。



市場は、今回のイラン事件を、それほど、大きく取り上げないような雰囲気ですね!

今日の動きを見ていると、お互いに牽制は、しあっているものの、

戦争までは、発展しないであろうというのが、市場の反応のようです。

しかし、これは、まだ、序章に過ぎない部分もありますので、

実際の両国の今後の動きを見て行くこととなりそうです。

まずは、為替の動向を注視して行きましょう。


お帰りは、こちらからお願いします。EXIT
  ↓ ↓ ↓                    ↓ ↓ ↓
  にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225先物へ

フェニックス株式投資情報ポータルサイト への閲覧申請は・・・
月間 閲覧申請:CGI版    月間 閲覧申請:PHP版

フェニックス:日経225倶楽部 への閲覧申請は・・・
月間 閲覧申請:CGI版    月間 閲覧申請:PHP版

フェニックスのテクニカルチャートコメント

2020-01-06_13h49_09.png

本日は1年を示す日といわれる大発会。
米イラン情勢を嫌気し、地政学リスクを警戒し、
大幅安から始まりそうです。
60ドル台での原油価格高騰は過去の推移から見れば好材料。
ただ、70ドルを超えてくれば企業の経常収支悪化懸念から
悪材料に変わっていきます。
この辺りにも注意しながら相場を見ていくことになります。

本日に日経225指数は陰線確率が80%継続中です。
買いを狙うにしてもここを崩してきてからとなります。
本日、昨年のイメージから、多くのディーラーが
突っ込み買いを狙っていると思います。
23000円は割れないだろうとの決め打ち買いです。
23060円まで突っ込んできたタイミングで
短期リバウンド狙いの買いを考えていくことになります。
そして、23270円を終値でクリアできるのかに注目となります。

本日の日経先物の注目ポイントは、上 23270円。下 23060円。
23060円まで下がってくれば、サイコロジカル理論を利用し、
15分足で陽線率を高めてきたところから狙ってみます。
場中にアナウンスを致しますので、参考にしてください。
本日、23270円をクリアできなければ、
23000円以下の買いは今晩か明日に外したいところです。
下の日足チャートを見ての通り、
23170円はトレンド線の転換線となります。
この線にも注目となります。



2020-01-06_13h51_15.png

大吉の本日の戦績 ・・・

ノートレードです。






明けましておめでとうございます。

本年も、どうぞよろしくお願いいたします。

早速、新年早々に、トランプさんがやってくれました。

2020-01-06_14h02_07.png

中東情勢緊迫、新年最初の金融取引に影:識者はこうみる

[東京 6日 ロイター] - 2020年最初の株取引が行われた金融市場は、中東情勢への懸念などから日経平均が大幅に下落して始まるなど、波乱含みの幕開けとなった。市場関係者の見方は以下の通り。

<三菱UFJモルガンスタンレー証券 チーフ投資ストラテジスト 藤戸則弘氏>

注目したいのは、中東情勢の緊迫化という懸念材料に対して、米国株式市場がそれほど下がっていない点だ。日米の株価パフォーマンスで差が生じたのは昨年末から兆候が現れていたが、それは日米両国市場の需給構造に違いがあるため。米国は多様な投資家が参加している一方、日本は海外勢が主な買い手で、彼らが見送ると相場が軟化する脆弱な状態が今回の下げで露見した格好だ。日銀のETF買いという下支え要因があるものの、上値を買う勢力は海外勢のほかに見当たらない。



今回の下げが、単発的なものなになるのか?どうかは、

今後のアメリカとイランとの関係が、どのようになっていくのか?にかかっていますね!

今回限りの単発で終わってくれればいいのですが、・・・

ただ、世界的な視線で物事を考えて行けば、

世界は、『2極化』の方向を辿っていることだけは、確かなことです。

結局、アメリカの力が、衰えてきたこと、中国が、ソ連に替わって、力を付けてきたことによって

また、以前の冷戦状態に戻りつつあるだけのことです。

資本主義と国家主義の戦いが、また、始まろうとしているだけです。

私たち、日本人は、また、その狭間の中で、存在感を出していくしかない状況へと移って行くことでしょう。

しかし、逆に、この状態は、日本にとっては、居心地のいい状態になる可能性もあります。

世界情勢を、鑑みながら、勝てるトレードを、今年もやって行きましょう。

本年も、また、よろしくお願いいたします。

お帰りは、こちらからお願いします。EXIT
  ↓ ↓ ↓                    ↓ ↓ ↓
  にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225先物へ

フェニックス株式投資情報ポータルサイト への閲覧申請は・・・
月間 閲覧申請:CGI版    月間 閲覧申請:PHP版

フェニックス:日経225倶楽部 への閲覧申請は・・・
月間 閲覧申請:CGI版    月間 閲覧申請:PHP版
株式情報:閲覧申請

フェニックス株式投資情報


フェニックスでは、毎月ごとに
閲覧申請をお願いしています。


ご利用規約

Profile

Phoenixnikkei225

Author:Phoenixnikkei225
フェニックスの
日経225先物テクニカル分析

phoenix.nikkei225@gmail.

ポイント価格の使い方

ポイント価格の上手な使い方講座

Calendar

12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

Pop Up Links ♪♪♪

News

Archives

Category
Comment

当ブログに記載されている情報内容には万全を期していますが、その内容を保証するものではありません。掲載内容によって生じたいかなる損害についても、一切責任を負いかねますので予めご了承下さい。また、取引においての売買の最終判断は、くれぐれもご自身でお願い致します。

Total view

Search

本日の最強トレーダー

人気ブログランキング

ACCESS

MT4 indicators

☆Daikichi-Line   DL-1    DL-2
☆Daikichi-dB   D-dB01    D-dB02

日経225:閲覧申請

フェニックス:日経225倶楽部


日経225倶楽部は、毎月ごとに
閲覧申請をお願いしています。


ご利用規約

MT-5倶楽部
テクニカル勉強会

初心者の方を対象にテクニカルの勉強会を開催いたしております。

入室パスワードは、VIP-Roomと同じです。ご利用くださいませ!

会員様専用携帯登録

入室パスワードは、VIP-Roomと同じです。ご利用くださいませ!

RSS feed
Link
Phoenix Totalcount

Since 2004.12.10

現在の運用ルール

①フェニックスの朝一コメント『本日の攻め方』を参考に各種の指標を判断材料としてトレード

②当日の9:20に発表されるポイント価格(1回目のみ)を利用したシステムトレードによる運用『501 30RETURNS』

過去実績

2011.04   +820,000
2011.03   +740,000
2011.02   +660,000
2011.01   +460,000
===================
20010合計 +9,220,000
===================
2010.12   +600,000
2010.11 +2,410,000
2010.10   +860,000
2010.09   +800,000
2010.08   +660,000
2010.07   +670,000
2010.06   +720,000
2010.05   +420,000
2010.04   +120,000
2010.03 +1,180,000
2010.02   +280,000
2010.01   +500,000
===================
2009合計 +7,380,000
===================
2009.12   +640,000
2009.11   +540,000
2009.10   +840,000
2009.09   +380,000
2009.08   +800,000
2009.07 +1,020,000
2009.06   +420,000
2009.05          0
2009.04   +700,000
2009.03   +160,000
2009.02 +1,000,000
2009.01   +880,000
===================
2008合計 +15,270,000
===================
2008.12 +1,380,000
2008.11   +920,000
2008.10 +1,300,000
2008.09 +1,560,000
2008.08   +660,000
2008.07 +1,340,000
2008.06 +2,160,000
2008.05 +1,360,000
2008.04   +880,000
2008.03 +1,350,000
2008.02 +1,160,000
2008.01 +1,200,000
===================
2007合計 +11,200,000
===================
2007.12 +1,160,000
2007.11 +1,040,000
2007.10 +1,120,000
2007.09   +480,000
2007.08 +1,200,000
2007.07 +1,370,000
2007.06   +580,000
2007.05   +690,000
2007.04 +1,080,000
2007.03  +950,000
2007.02  +930,000
2007.01  +600,000
===================

フェニックスの事前に算出されたポイント価格を元に大吉が運用した成績を公開しております。

世界最大級の仕手軍団