フェニックスの日経225先物:オプションテクニカル分析

出来高解析で日経225先物の動きをリアルタイムで分析しポイント価格を算出。


フェニックスのテクニカルチャートコメント

2019-10-11_14h53_32.png

本日はSQ日。
トランプ発言によりNYダウは大幅高。
11日に劉鶴副首相とホワイトハウスで会うという内容から、
何か決まるのではないかとの思惑から日経先物は21630円を抜けてきました。
その後、21780円を試したものの、21740円で失速。
思惑程度で21780円を抜くには材料不足です。
21780円を抜けてくれば日足ベースでの上昇波動に入っていきますので、
ここを明確に抜けてきた時(終値)は、
長期トレード組も割り切りで買いを入れるタイミングとなります。

短期トレード組は、昨日21630円を抜けたタイミングで
買いエントリーはして頂けたと思います。
何度もお教えしていた勝率の高いローソク足パターンでした。(↑矢印)

現在のカウントですが、分足ベースでは読みにくい波形をしております。
日足チャートのカウントで考えるタイミングです。
日足ベースでは、緑4と緑5の中の揉み合い。
もしくは、緑5が目先の底となり、現在赤の5に移行しているかのどちらかのパターンです。
21630円を抜けてきたことによりテクニカル的には後者のパターンが有力。
ここにファンダメンタルズが付いて来れば一気に赤3の高値を奪回方向となります。

本日の日経先物の注目ポイントは、上 21780円。下 21600円。
21600円に下値フシを形成中。
ここを割るまでは超短期上昇波動は継続中となります。
テクニカル的には21630円を抜けている時点で、
売りの保有は危険となります。
21780円を抜けてくれば赤5の波動に移行する認識でお願いします。



2019-10-11_15h57_32.png

本日の大吉の戦績 ・・・

ノートレードです。




2019-10-11_16h09_42.png

米中閣僚級通商協議が再開、トランプ氏「非常に良い交渉だった」

[ワシントン 10日 ロイター] - 10日にワシントンで始まった米中の閣僚級通商交渉は、1日目の協議を終えた。トランプ米大統領は、極めて良好な交渉だったと述べたほか、中国の劉鶴副首相と11日にホワイトハウスで会談することを明らかにした。



う~~ん?

毎回、同じような繰り返し・・・

多分、今回も、ウィグル自治区の問題なども考えると、

難しいような気がしています。



あまり、期待せずに、待つことにしましょう。

お帰りは、こちらからお願いします。EXIT
  ↓ ↓ ↓                    ↓ ↓ ↓
  にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225先物へ

フェニックス株式投資情報ポータルサイト への閲覧申請は・・・
月間 閲覧申請:CGI版    月間 閲覧申請:PHP版

フェニックス:日経225倶楽部 への閲覧申請は・・・
月間 閲覧申請:CGI版    月間 閲覧申請:PHP版

フェニックスのテクニカルチャートコメント

2019-10-10_11h13_45.png

米中協議に対して一喜一憂の展開。
10日まではこのような動きになるということは分かっていることです。
長期狙いだけは絶対にしてはいけないタイミングです。
昨晩のNYダウは、トランプ大統領が通商合意に至る可能性が高いと発言。
NY市場が引けた途端に、サウスチャイナ紙が次官級協議で進展なしと報道し、
日本市場が始まる前にNYダウは昨日の上昇幅をマイナスで埋めております。
カウント的に考えれば、この方がよかったので個人的には好感しております。

3日連休を控えていることから、明日と今日で相場の雰囲気が様変わり可能性が高く、
この押し目をなかなか勝負することは出来ません。
トレードはあくまで割り切りの短期のみにし、
連休後、または米中協議の結果を見てから長期トレードは動くほうがいいでしょう。
負けないことが利益と考えなければいけないタイミングです。
短期は重要ポイントを参考にトレードしていくことになります。

本日の日経先物の注目ポイントは、上 21470円。下 21370円。
21370円を割ってくればおそらく海外勢は売ってきていると読むのが妥当。
割ってこなければ、上値は買わずに安いところだけ買っている印象となります。
21470円を抜けてくれば、私の想像市場に強い動きです。
米中協議の先読みでの買いだと思われます。
本日は、この両ポイントに注目していて下さい。
一喜一憂の相場ですので、無理して付き合う必要もありません。
勝負はあくまで米中協議を見極めてからのほうが、
ファンダ要素が減りテクニカル(波動)が読みやすくなります。

買いに関しては、緑6を抜けたところから打診買い参戦です!
そして、21780円を抜けてくれば目をつぶって買いを追加です。
それまでは21200円前後の押し目待ちのタイミングです。
今の価格帯は思惑で上下する価格帯のため、長期トレードにはリスクが高い。
揉み合いの下限値まで下がるまで長期狙いの買いは様子見がベストです。

21370円を割ってくれば、21300円方向。
21300円を割ってくれば、21200円前後に向かう波動となります。



2019-10-10_11h23_46.png

大吉の本日の戦績 ・・・

21370円 ⇒ 21340円 『売り』 +30円 2枚

合計 60000円

10月 TOTAL 60000円

市場は、乱高下です。



2019-10-10_11h26_19.png

ホワイトハウス、中国側が協議1日目に帰国との報道否定=CNBC

[9日 ロイター] - 米ホワイトハウスは、中国の劉鶴副首相が10─11日に予定される米中閣僚級通商協議を1日で切り上げ、10日にワシントンを発つ計画だとする香港紙サウスチャイナ・モーニング・ポスト(SCMP)の報道を否定した。CNBCの記者がツイッターへの投稿で明らかにした。



どれが、どうで、どの情報がフェイクなのか?

まったく、分かりません。

ホトホト、この問題には、疲れてきました。

なんとか、なって欲しいと思っているのは、世界中の人々の願いでしょうね!

トレード勝負も、分析というよりも「運」といった感じになってきました。



お帰りは、こちらからお願いします。EXIT
  ↓ ↓ ↓                    ↓ ↓ ↓
  にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225先物へ

フェニックス株式投資情報ポータルサイト への閲覧申請は・・・
月間 閲覧申請:CGI版    月間 閲覧申請:PHP版

フェニックス:日経225倶楽部 への閲覧申請は・・・
月間 閲覧申請:CGI版    月間 閲覧申請:PHP版

フェニックスのテクニカルチャートコメント

2019-10-09_11h10_29.png

昨日のナイトは、テクニカル通りの下落でしたね。
下げた要因は、中国がアメリカに対しての対抗処置を示唆したことが要因。
下げたところではパウエルFRB議長による緩和示唆の発表から反発。
引けにかけての下げは、中国の複数の政府高官に対するビザ発給を
制限する方針が伝えられそれが嫌気されました。

10日から始まる米中協議前に駆け引きが激化しております。
テクニカルとファンダが合っていた方が威力が大きくなりますので、
昨日の下げは個人的には好感しております。
ここで大きく売られないようであれば、買いを狙っていくタイミングとなります。
緑5を割るのか割らないのか、ここを見極めるしかないわけですが、
昨晩下げてくれたことにより緑6の頭位置は確認できましたので、
緑6を抜けてくれば、次の波動入りの可能性が出るだけに、
ここは長期狙いでの打診買いタイミングとなります。
(米中協議前に抜けていた場合は別)

本日の日経先物の注目ポイントは、上 21450円。下 21300円。
21450円近くまで戻れば売り対応。(短期のみ)
21300円を割ってくれば、21180円を試す展開となります。
場中には割れないと思いますが、割れるとそれだけ弱いという見方となります。
MACDのラインから考えれば、矢印のところは時間軸の反発ラインとなりますので、
21300円は短期で買いが狙えるタイミングとなります。



2019-10-09_11h11_55.png


大吉の本日の戦績 ・・・

ノートレードです。

様子見しています。




2019-10-09_11h22_17.png

<話題のブラックロック・レポート>

このブラックロック提案というのは、2017年まで米連邦準備理事会(FRB)の副議長を務め、今はブラックロック・インベストメント・インスティテュートの上級顧問でもあるスタンレー・フィッシャー氏ら、4人の著名エコノミストが連名で8月に発表した。

ペーパーのタイトルを和訳すれば「次の下降局面にどう向き合うか:非伝統的な金融政策から未曽有の政策協調へ」である。

枠組みとして最も重要な点は、2%物価目標を金融政策だけで実現するのではなく、政府と中央銀行の共同責任とすることにある。

すなわち、金利の引き下げが限界に達し、金融政策だけでは2%目標を実現できないと中央銀行が判断したら、その後は政府が国債を増発して財政支出や減税を行うのである。

一方で、財政規律が野放図に緩まないよう、必要な国債発行額は物価目標の観点から中央銀行が判断する。また、国債の需給が崩れて金利が上昇する場合は、中央銀行が国債を買い入れる。

これは概ね、日銀が現在実施しているイールドカーブ・コントロールに、国債増発を組み合わせたものと考えればよい。日銀の現政策の正式名称である「長短金利操作付き量的・質的金融緩和」になぞらえれば、ブラックロック提案は「長短金利操作付き財政刺激策」とでも呼ぶべき金融と財政の一体化なのである。



確かに、目先の対応としては、良いのかも知れません。

しかし、慢性的な財政赤字を抱える日本において、その政策が、持続可能なのかということに論点を移すと、・・・

その可能性は、ゼロに近いとしか、言いようがありません。

売り戦略が、私たちトレーダーを救ってくれる時が、必ず、やってきます。

お帰りは、こちらからお願いします。EXIT
  ↓ ↓ ↓                    ↓ ↓ ↓
  にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225先物へ

フェニックス株式投資情報ポータルサイト への閲覧申請は・・・
月間 閲覧申請:CGI版    月間 閲覧申請:PHP版

フェニックス:日経225倶楽部 への閲覧申請は・・・
月間 閲覧申請:CGI版    月間 閲覧申請:PHP版

フェニックスのテクニカルチャートコメント

2019-10-08_14h10_33.png

米中協議を睨み一喜一憂の展開。
ここからは10日から始まる協議内容を見極めたいところです。
本日の日経先物の注目ポイントは、上 21570円。下 21470円。
☆印のラインを割ってきたところは短期で売り狙い。
本日はそこだけに集中です。



2019-10-08_14h11_29.png

大吉の本日の戦績 ・・・

21570円 ⇒ 21540円 『買い』 ▼30円 2枚

合計 ▼60000円

10月 TOTAL 0円

21570円を付けて来たので、超えて行くとして判断。

しかし、止められてしまいました。

その後、結局は、超えて行ったのですが・・・💦



2019-10-08_14h17_14.png

株式:日経平均は一進一退、米中通商協議を控えて方向感欠く

[東京 8日 ロイター] -
<13:33> 日経平均は一進一退、米中通商協議を控えて方向感欠く

日経平均は一進一退、2万1500円台後半で推移している。市場からは「為替が1
ドル107円台を維持し、中国株もプラスで推移している割には上値を伸ばしきれていな
い。米中通商協議が終わるまでは方向感に欠ける相場になるだろう」(運用会社)との声
が出ていた。



仕方のない展開ですね!

結果が出てこないことには、動けません。

しかし、現在の米中間の雰囲気をみていると、

交渉が、まとまる可能性は、引くそうです。

10月には、アメリカの大統領選の時間的な問題もあって、

それなりに結果が見えてくると予想していたのですが、

どうも、その安易な予想は、外れそうです。

お帰りは、こちらからお願いします。EXIT
  ↓ ↓ ↓                    ↓ ↓ ↓
  にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225先物へ

フェニックス株式投資情報ポータルサイト への閲覧申請は・・・
月間 閲覧申請:CGI版    月間 閲覧申請:PHP版

フェニックス:日経225倶楽部 への閲覧申請は・・・
月間 閲覧申請:CGI版    月間 閲覧申請:PHP版

フェニックスのテクニカルチャートコメント

2019-10-07_13h00_03.png

米朝の決裂が市場心理を悪化。
本日は金曜日のCMEから比べて安くから始まっております。
金曜日のまま寄ってきていれば、売り狙いができていただけに残念です。
21500円前後の黒2の戻りを狙いたいところです。

本日の日経先物の注目ポイントは、上 21520円。下 21370円。
21500円以上を売り狙い。
21530円がロスカット値です。



2019-10-07_13h03_59.png

大吉の本日の戦績 ・・・

21370円 ⇒ 21340円 『売り』 +30円 2枚

合計 60000円

10月 TOTAL 60000円



2019-10-07_13h06_14.png


米朝、非核化協議の評価で対立 北朝鮮は「決裂」

[ストックホルム 5日 ロイター] - スウェーデンの首都ストックホルムで5日に開催された北朝鮮の非核化を巡る米朝実務者協議について、北朝鮮の金明吉(キム・ミョンギル)首席代表は協議後、北朝鮮大使館の外で記者団に対し、通訳を通じて「協議はわれわれの期待に沿わず、最終的に決裂した」と述べた。また、同代表は米国側が「古い見方と態度」をやめないと非難した。



今回の協議の応酬合戦は、北朝鮮に軍配が上がったという感じですね

決裂することを予測して、声明文を考えていたことになります。

そしてその前に、

2019-10-07_13h13_52.png

弾道ミサイルを発射して、上手く、交渉を演出したものです。

今回に限っては、トランプ大統領も、「やられた!」と、思っていることでしょう。

このところ、北朝鮮だけでなく、中国にしても、イランにしても、

トランプ大統領の交渉術の「手腕」に疑問符が付くパターンが多いように思います。

側近のアイデアマンの「アイデア」が、少し、ズレているような気がします。

このままでは、米中貿易戦争を、安易に終わらせて、それを、選挙のための功績にするしかなさそうな気もしますが、

それも、それで、安易に、終結してしまうと、

後になって、やはり、「失敗だった!」と言われるような決着の仕方をしてしまいそうですね!

世界の腕力は、変化しつつあります。

その点を良く見極めて、投資を考えて行きましょう。

お帰りは、こちらからお願いします。EXIT
  ↓ ↓ ↓                    ↓ ↓ ↓
  にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225先物へ

フェニックス株式投資情報ポータルサイト への閲覧申請は・・・
月間 閲覧申請:CGI版    月間 閲覧申請:PHP版

フェニックス:日経225倶楽部 への閲覧申請は・・・
月間 閲覧申請:CGI版    月間 閲覧申請:PHP版

フェニックスのテクニカルチャートコメント

2019-10-04_11h26_52.png

60分足は-80ライン以上。
30分足はダイバー中と目先反発条件が揃っております。
ただ、カウントでは緑5の株価位置のため、
リバウンドをしても、もう一段の下落の想定が必要となります。

昨年の12月相場からは、もう一段の下落、上昇が欲しいタイミングで
要人発言から反転・反落に動いてしまうことが多いため、
今回も同じようになるのか注視しなければいけません。
カウント通りに動いた方が波動の勢いが増すのですが、
その通りにならないことで、月足ベースで20000円から22000円の
BOX相場の動きとなってしまっています。(BOX相場は5カウントで上下する)

9月19日の日銀政策発表から周期通りにピークアウトに入りました。
テクニカル的には今回の下げは好感が持てる下げとなり、
あとはどこで買いを仕掛けるかに集中していくことになります。
もちろん、10月10日の米中協議次第というファンダ要素が強い相場ですので、
基本的に割り切りトレードなります。
ロスカットの設定は忘れないようにお願いします。

ナイトの注目ポイントは、上 21420円。 下 21180円。
下のチャートを見て頂ければ分かりますように、
30分足はダイバー中ですので、もう一段の下げがあった方が買いが狙いやすくなります。
21200円前後の押し目を買いで狙いたいところです。

仮に21420円を抜けた場合は、緑6の戻り上昇波動に入りますので、
ここは短期で買い対応となります。
ただ、急落の後の戻りは上値が小さいことが多いので、
基本的には抜けた後の押し目を狙うほうがいいでしょう!
これはナイトでタイミングがあればお伝えいたします。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

明日は所要のため、1日お休みをいただきます。
ご迷惑をお掛けしますが、ご了承のほどよろしくお願い致します。
おそらく明日は米雇用統計を意識することになりますので、
上値の重たい展開が想定されます。
今回の急落は世界経済の悪化を嫌気しての下げですので、
内容が悪ければ素直にもう一段の下げが想定されます。
目先は『21180円』に注目です。
ここを割ってくれば『21030円』方向となりますので、
21150円をロスカット値に買いを狙ってみて下さい。(明日も有効)



2019-10-04_11h28_47.png

大吉の本日の戦績 ・・・

ノートレードです。

21180円で、買いを指していますが、入りそうにありません。



2019-10-04_11h33_37.png

メタトレーダー5を更新してください。

http://n225.club/vip/metatrader5/PhoenixMT5.zip

不具合等が、発生していましたので、再度、修正してアップしています。

よろしくお願いいたします。



お帰りは、こちらからお願いします。EXIT
  ↓ ↓ ↓                    ↓ ↓ ↓
  にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225先物へ

フェニックス株式投資情報ポータルサイト への閲覧申請は・・・
月間 閲覧申請:CGI版    月間 閲覧申請:PHP版

フェニックス:日経225倶楽部 への閲覧申請は・・・
月間 閲覧申請:CGI版    月間 閲覧申請:PHP版

フェニックスのテクニカルチャートコメント

2019-10-02_09h34_42.png

昨晩のNYダウは大幅安。
9月のISM製造業景気指数が約10年ぶりの低水準となり
改めて米中貿易摩擦が米経済の足かせになっていることを示しました。
8月時は翌日に大幅高となっておりますが、
前回と違い今回は利下げ後ということで押し目買いが入るのか注目されるところです。
個人的には昨晩のナイトコメントでも申し上げましたように、
ここで22050円を抜かれる方が予測がしにくいところでしたので、
この下げは今のところ好感しております。

本日の注目ポイントは、上 21790円。下 21640円。
日経指数が明確に21750円を本日の終値で割り込むのか注目です。
割り込んでくればもう一段安が想定されます。
その場合の下値メドは、レポートで示しておりますので
割ってきた場合はしっかりと参考にして頂ければと思います。
22000円以上の売りは、22050円を抜けない限りは保有。
10月10日までは思惑での上下が繰り返されるでしょうから、
半分は必ず回転するように心掛けていきましょう!



2019-10-02_09h39_36.png

大吉の本日の戦績 ・・・

ノートレードです。




2019-10-02_09h45_39_20191002094651a3f.png

メタトレーダー4を更新してください。

http://n225f-option.com/vip/MT4/SimpleFX.zip

メタトレーダー4を利用されておられる方は、メタトレーダー4を再ダウンロードして、ご利用ください。

よろしくお願いいたします。

お帰りは、こちらからお願いします。EXIT
  ↓ ↓ ↓                    ↓ ↓ ↓
  にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225先物へ

フェニックス株式投資情報ポータルサイト への閲覧申請は・・・
月間 閲覧申請:CGI版    月間 閲覧申請:PHP版

フェニックス:日経225倶楽部 への閲覧申請は・・・
月間 閲覧申請:CGI版    月間 閲覧申請:PHP版
株式情報:閲覧申請

フェニックス株式投資情報


フェニックスでは、毎月ごとに
閲覧申請をお願いしています。


ご利用規約

Profile

Phoenixnikkei225

Author:Phoenixnikkei225
フェニックスの
日経225先物テクニカル分析

phoenix.nikkei225@gmail.

ポイント価格の使い方

ポイント価格の上手な使い方講座

Calendar

09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

Pop Up Links ♪♪♪

News

Archives

Category
Comment

当ブログに記載されている情報内容には万全を期していますが、その内容を保証するものではありません。掲載内容によって生じたいかなる損害についても、一切責任を負いかねますので予めご了承下さい。また、取引においての売買の最終判断は、くれぐれもご自身でお願い致します。

Total view

Search

本日の最強トレーダー

人気ブログランキング

ACCESS

MT4 indicators

☆Daikichi-Line   DL-1    DL-2
☆Daikichi-dB   D-dB01    D-dB02

日経225:閲覧申請

フェニックス:日経225倶楽部


日経225倶楽部は、毎月ごとに
閲覧申請をお願いしています。


ご利用規約

テクニカル勉強会

初心者の方を対象にテクニカルの勉強会を開催いたしております。

入室パスワードは、VIP-Roomと同じです。ご利用くださいませ!

会員様専用携帯登録

入室パスワードは、VIP-Roomと同じです。ご利用くださいませ!

RSS feed
Link
Phoenix Totalcount

Since 2004.12.10

現在の運用ルール

①フェニックスの朝一コメント『本日の攻め方』を参考に各種の指標を判断材料としてトレード

②当日の9:20に発表されるポイント価格(1回目のみ)を利用したシステムトレードによる運用『501 30RETURNS』

過去実績

2011.04   +820,000
2011.03   +740,000
2011.02   +660,000
2011.01   +460,000
===================
20010合計 +9,220,000
===================
2010.12   +600,000
2010.11 +2,410,000
2010.10   +860,000
2010.09   +800,000
2010.08   +660,000
2010.07   +670,000
2010.06   +720,000
2010.05   +420,000
2010.04   +120,000
2010.03 +1,180,000
2010.02   +280,000
2010.01   +500,000
===================
2009合計 +7,380,000
===================
2009.12   +640,000
2009.11   +540,000
2009.10   +840,000
2009.09   +380,000
2009.08   +800,000
2009.07 +1,020,000
2009.06   +420,000
2009.05          0
2009.04   +700,000
2009.03   +160,000
2009.02 +1,000,000
2009.01   +880,000
===================
2008合計 +15,270,000
===================
2008.12 +1,380,000
2008.11   +920,000
2008.10 +1,300,000
2008.09 +1,560,000
2008.08   +660,000
2008.07 +1,340,000
2008.06 +2,160,000
2008.05 +1,360,000
2008.04   +880,000
2008.03 +1,350,000
2008.02 +1,160,000
2008.01 +1,200,000
===================
2007合計 +11,200,000
===================
2007.12 +1,160,000
2007.11 +1,040,000
2007.10 +1,120,000
2007.09   +480,000
2007.08 +1,200,000
2007.07 +1,370,000
2007.06   +580,000
2007.05   +690,000
2007.04 +1,080,000
2007.03  +950,000
2007.02  +930,000
2007.01  +600,000
===================

フェニックスの事前に算出されたポイント価格を元に大吉が運用した成績を公開しております。

世界最大級の仕手軍団